【動画】江戸の「からくり箪笥(タンス)」が西洋で超進化?これはすごい…

仕掛けが施されており、正しい手順を踏まないと開けることが出来ないという「からくり箪笥」。
その始まりは、江戸時代に長い船旅に出る船頭が貴重品をしまっていた「船箪笥」だそうです。

今回紹介する箪笥はアメリカ サンディエゴの会社が作った物ですが、「藤」の模様などは日本の「からくり箪笥」を強く意識したものになっていますね。

その数々の仕掛けは、こちらの動画で見ることが出来ます↓

Wisteria Puzzle Cabinet

 

か、かっこいい…

日本の「からくり箪笥」ってどんな感じなの?

気になった人は、こちらのサイトも確認してみて↓

日本の技術!からくり箪笥が超格好良い! 海外の反応
詳しくは投稿をご覧ください。

 

持ち主が亡くなったら、あとの人が苦労しそう…

コメント