ボジョレーヌーボーの評価が、毎年高すぎる

毎年11月の第三木曜日は「ボジョレーヌーボー」の解禁日になっている。今年は11月16日だ。

当日の真夜中の0時に一般への販売が解禁されるため、中にはワインバーなどに陣取って0時ちょうどから飲み始める人たちもいる。

wine

ボジョレーヌーボーって何? wine

ボジョレーヌーボーとは、フランスのボジョレー地帯で生産されるヌーボー(試飲用の新酒)のことだ。
ワインの「ヌーヴォー」とはどういうものですか? サントリーお客様センター

試飲用の新しい赤ワインであるため「味の保証」がされているわけではないのだが、日本では「解禁日に出来るだけ早く飲む」ことがひとつのゲームのようになってしまっている感じはある。

ボジョレーヌーボーって美味しいの? wine

さて、そのボジョレーヌーボーの味の評価なのだが、毎年「高評価」すぎてもはや笑えるレベルなのだ。
毎年の評価をまとめた画像があったので、ご覧いただこう。

ボジョレーヌーボーの評価一蘭 wine

wine

10年に一度とか、50年に一度とか、100年に一度とか、もはやインフレ状態である。
橋本環奈かよ。

唯一微妙な評価なのは、2012年くらいか。

まあ年に一度の「お祭り」ではあるし、楽しむのは良いことだろう。

ただし、解禁日は毎年「木曜日」。
翌日の仕事に差し障りのないように、ほどほどにしておいてもらいたいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました