貴乃花親方 理事解任! 一方で池坊議長は某協会の理事長解任を巡ってトラブルもあった・・・

池坊議長の発言については批判の声も

先日1月4日、日本相撲協会は貴乃花親方を理事解任とした。

相撲協会の評議員会議長である池坊保子氏は、解任の理由の一つに貴乃花親方の行動が「著しく礼を欠いていた」と述べた。

しかしこの発言については、「礼って何?」「論点がずれている」などの批判の声も多く上がっている。

池坊保子議長の発言をめぐりネット上で物議「論点がずれている」 - ライブドアニュース
貴乃花親方の解任理由に「礼を欠いていた」と発言した池坊保子議長。ネット上では池坊議長の発言をめぐり炎上する事態となった。ユーザーからは「礼って何?」「論点がずれている」などの声が寄せられた

僕としては貴乃花親方の方ももう少し上手い「立ち回り」の仕方があったのではないかとも思うのだが、いかんせん我々一般人にはすべての情報は伝わってきていない気がするので、あえて踏み込んだ内容の発言をするつもりはない。

ただここでは、事実だけを皆さんにお伝えするに留めておく。

池坊氏が漢検理事長を解任された際の言動

さてそんな池坊氏は、2010年4月に日本漢字能力検定協会理事長に就任していたが2011年3月には解任されている。

しかし池坊氏は「理由が分からない」とこれに反発、訴訟も辞さない姿勢を見せていた。

ikenobou

漢検を巡っては多くの利権が絡んでいたと言われており、こちらについても僕は踏み込んだ発言を出来るだけの知見がない。

ただ、理事解任の決定を受けて「分かりました」と応えたという貴乃花親方と、理事長解任の決定を受けて「理由が分からない」と反発した池坊氏、対照的ではあるなと感じた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました