ヤバい小説のヤバいあらすじだけで、十分に楽しめる件www

・物

文庫本の裏表紙などに書かれている「あらすじ」。
本の売れ行きを左右する、重要な存在だよね。

中には、あらすじだけで十分に楽しめてしまうようなすごい文章もあるよ。

その1

     ↓

2行目で、もう漢字が読めない。

 

 

「如月烏有」とか「メルカトル鮎」とか、名前のクセがすごいんじゃ。

 

 

「頭のない前頭」が強烈すぎて、そのあとの内容が入ってこない。

 

 

唐突に現れるゴリラ。

 

 

その2

     ↓

安部公房、実はすごいこと書いてた。

 

カンガルー・ノート - Wikipedia

 

短い文章に色んな要素が詰め込まれているから、スピード感があるんだよなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました