サンタクロースを信じますか?

・人間

僕は随分と大きくなるまで、サンタクロースの存在を信じていた。

そう信じ込ませてくれていた両親には、まあまあ感謝している。

サンタクロースが存在しないと知ったとき、僕は少しだけ物知りになったのと同時に、何か大切なものを失ってしまったのかもしれない。

少し感傷的な気分になっているのはほかでもない。
連休最終日だからだ。

サンタクロースを信じ込ませるおとなたち

以前目にしたツイートが個人的にとてもツボだったので、ここでご紹介させていただく。

 

架空の協会を作ることでリアリティを混ぜ込み
超絶演技で伝えることで完全に信じている…のだが…
どうしよ…

 

 

 

(元のツイート↓)

 

「直感」で信じるものを決める子供に対して、「設定」を作り込むことで対抗するおとな。

なかなか愉快な「嘘」だと思う。

 僕の子供たちへ

いつか僕に子供が出来たなら、とびきり上手に「嘘」をついてやろうと思っている。

うちの両親が僕にしてくれたように、とびきり上手にね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました