Twitter民「小学生の甥っ子が書いた詩が男らしい」→リズム感がすごい名作だった!

・子供

ネット上で、「小学生の甥っ子が書いた詩が、あまりにも男らしい」というツイートを見かけた。

そのツイートがこちら↓

 

「女を求めて」

女を求めて旅に出る
女をさがして旅に出る
どんなに強い相手でも
大きなつのを交わせて
食べ物、女を手に入れる
女を求めて旅に出る
女をさがして旅に出る

 

内容もさることながら、「七五調」で構成されたリズムが心地良い。

ちょっと文字数を数えてみる

単純に、「この詩を平仮名で書いたら何文字になるのか」文字数を数えてみよう。

 

おんなをもとめて たびにでる → 8・5

おんなをさがして たびにでる → 8・5

どんなにつよい あいてでも → 7・5

おおきなつのを まじわせて → 7・5

たべものおんなを てにいれる → 8・5

おんなをもとめて たびにでる → 8・5

おんなをさがして たびにでる → 8・5

 

「7音・5音」にとても近い数字で構成されているのが分かるだろう。

「山のあなた」に匹敵するリズム感?

この詩を読んだ時、カール・ブッセの「山のあなた」を思い出した。
国語の教科書などにもたびたび取り上げられているので、ご記憶の方も多いだろう。

こちらも美しい「7音・5音」で構成されている。
ぜひ、読み比べてみて欲しい。

 

山のあなた カール・ブッセ(上田敏訳)

山のあなたの 空遠く
「幸」住むと 人のいふ
噫われひとと 尋めゆきて
涙さしぐみ かへりきぬ
山のあなたに なほ遠く
「幸」住むと 人のいふ

やまのあなた カール・ブッセ(うえだびん・やく)

やまのあなたの そらとおく
さいわいすむと ひとのいう
ああわれひとと とめゆきて
なみださしぐみ かえりきぬ
やまのあなたに なおとおく
さいわいすむと ひとのいう

 

もちろん上田敏の日本語訳が上手いこともあるのだろう。

本当に美しい。

個人的感想

自分語りをさせてもらうと、僕は中学生の頃に七五調を意識して文章を書いた記憶がある。

でも小学生にしてこんな詩を書けるのは、なかなかのセンスだなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました