高須院長、米国にあった「昭和天皇独白録」を3000万円で落札 皇室に提供の意向

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(72)が、ニューヨークで競売にかけられた「昭和天皇独白録」を手数料と合わせ27万5千ドル(約3090万円)で落札した。

高須氏は独白録を皇室に提供する意向を示している

katsuya-takasu

高須克弥院長「日本の未来に役立つ財産だ。皇室にお返しするぜ」 昭和天皇独白録を落札
【ニューヨーク=上塚真由】昭和天皇が太平洋戦争などに関する出来事を戦後に回想した「昭和天皇独白録」について、側近が記録した原本とされる文書が6日、ニューヨークで…

独白録は昭和天皇が戦前から戦後にかけての出来事を側近に語ったものの原本とされており、関係者の妻が母国であるアメリカに持ち帰って以来アメリカに保管されていた。

Twitter上でも注目を浴びていた

高須氏はTwitter上で落札を希望している旨をツイートしており、結果が注目されていた。

落札直後の高須氏の様子↓

高須氏は元々、寄付活動などにも精力的だったという。

高須克弥 - Wikipedia

また、ダウンタウンから冗談半分に「テレビ番組のスポンサーをお願いしたい」と言われて即決するなど、「お金の使い方」に奔放な印象は受ける。

もしかしたら彼の独特な言動や思想に批判的な人もいるかもしれない。
でも個人的には、「Yes!高須!」と言ってあげたい。

 

(トップページへ)

Peaky Speaky | 面白動画、面白映像、ニュース etc. 退屈な日常にちょっとだけ刺激を

コメント

タイトルとURLをコピーしました