【これはひどい】カヌー日本代表候補、ライバルに薬物を盛ってしまう・・・

概要

昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権に出場した鈴木康大選手(32)が、小松正浩選手(25)の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤を混入していたことが分かった。

canoe

小松選手はドーピング検査で陽性となり、暫定的な資格停止処分を受けていた。

鈴木選手は東京五輪を目指すライバルを陥れようとしたと説明しているという。

【カヌー薬物混入】鈴木康大選手が禁止薬物をライバルに混入 連盟は除名処分へ 道具盗む妨害行為も
日本カヌー連盟は9日、昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)で鈴木康大選手(32)=福島県協会=が、優勝した小松正治選手(25)=愛媛県協会=…

個人的感想

既にあちこちで指摘されていることだが、この事件の悲しい点は自分を引き上げるためではなくてライバルを陥れるために薬物を使ったという点だろう。

自分の責任で自分自身に薬物を使用するのなら、まあ理解は出来る。(許されることではないが)

しかしライバルを蹴落とすために薬物を飲ませるというのは、発想からして次元が違う気がする。

聞くところによればこの事件以外にも、他の選手に対しても練習や競技で使用する道具などを盗むといった妨害行為を行っていたらしい。

 

まったく、スポーツマンの川上にも置けないな。(カヌーだけに)

コメント

タイトルとURLをコピーしました